転職の際には経験を活かせる職場か新しい仕事か注意が必要

看護師の仕事はそれぞれの職場や部署によって全く異なり、総合病院に勤務する看護師にとっても、他科に異動となると新人と同様、新たに業務を覚える必要があります。
転職についても同様で、経験の無い診療科や畑違いの業種に就職するとなると、当分の間は慣れない仕事に戸惑う事も多いでしょう。
転職を考えるに当たって、雇用する側は今までどの様なキャリアを積んできたかはとても重要視されますし、多くの
経験を持った看護師を採用したいという病院も多いのが現状です。
ですが、大病院になるほど病棟の数も多く、実際に配属される先は必ずしも今まで経験した科ではないこともよくあります。

 

看護師の基本の仕事以外はその職場によって大きく変わる

どの様な病棟や個人病院、福祉系の職場であっても、一般的な看護師の仕事は自らの判断で医療行為を行うのではなく、医師の指示のもと患者の看護業務を行うというのが基本です。
医師が求める看護技術は診療科によって様々で、医師の指示する看護業務をどれほど順応しスムーズに行えるかが看護師の力量と言えます。
基本となる看護業務は、診察補助やバイタルチェック、採血、点滴、患者の観察、看護記録の作成が挙げられます。これらの業務はどんな職場であっても共通して必要とされる看護技術です。
逆に言うと、それ以外の業務は専門的な業務となるため、各診療科に配属され、実務を積むことで取得する技術と考えた方が良いでしょう。

 

オペ室や透析室などの特殊な業務がある職場

幾つか例を挙げるとすると、オペ室の看護師はとても専門性が高い業務内容となります。
オペに使用される器具の種類を覚える事から始まり、各手術毎の介助技術、清潔動作など、一般の病棟ではまず行われない業務が大半を占めています。
ですので、オペ室から一般病棟に異動すると、一般的な看護技術が出来ないと戸惑う事が多いという話をよく耳にします。
透析室の看護師も同じく、24時間、365日ほぼ同じ患者と接し、穏やかな雰囲気の職場が多いため、入退院の激しい病棟での勤務に最初は着いて行けないと焦りを感じる看護師もいます。

 

新たな経験を積むために新しい職場へチャレンジ!

転職や異動で自分が経験したことのない診療科での勤務は、携わったことのない業務を行うことに不安を感じるかもしれません。
ですが、先程のケースの様に多くの看護師が誰しも最初は同じスタートラインに立ち、徐々に業務に慣れ不安を克服して業務にあたっています。看護師の仕事はその繰り返しと言えるでしょう。
新たな分野への探究心を持つことで、複数の科を経験し、多くの知識や技能を身につける事が出来る看護師になれるよう、どのような経験も異動先や転職先で役立つことは間違いありません。

ナース転職サイトおススメTOP3!

ナースではたらこ

ナースではたらこ

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

90,000件以上

-

全国

ディップ株式会社

5つ星


公式サイトへ


ナースフル

ナースフル


求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

非公開

なし

全国

(株)リクルートトDC

5つ星


公式サイトへ


ナースエクスプレス

ナースエクスプレス


求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

非公開

なし

全国

(株)メディカルリソース

5つ星


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る