年収が安定していて、高収入な仕事として知られる看護師のお仕事ですが、病院の規模や仕事内容、経験年数によって収入は異なりますし、正看護師と准看護師でも年収に差が出てきます。
看護師仲間の間でもあまり具体的な話は避けがちなお金の問題。
一体今自分が貰っているお給料は多い方なのか少ないのか、ちょっと気になるところです。
そこで、実際に看護師が平均どの位のお給料をもらっているか調べてみました。

 

看護師の年収をチェックしよう

(厚生労働省の平成24年度の調査)

正看護師の平均年収

正看護師の平均年収は471万円 、平均月収33万円
年間ボーナス等は84万円

 

男女の別年収

男性488万円、女性470万円と若干男性の年収が多くなっています。
これは、男性看護師の活躍の場として、精神科や救命救急、オペ室など
専門的な部署が多いため、特殊勤務手当が上乗せされていたり、師長などに
抜擢されるケースが多いためと言われています。

 

企業規模別の年収

1000人以上の従業員数を抱える事業所では、平均年収が499万円
100人以下の事業所の平均年収は438万円と約60万円近い差があります。
これをみると大学病院や、総合病院など、病院の規模が大きくなるにつれ年収も多い傾向にある
事が分かります。

 

准看護師の平均年収

一方、准看護師の平均年収は402万円、平均月収28万円
年間ボーナス等、66万円
男女別の平均年収は
男性427万円、女性400万円と正看護師と同様の理由から男性の方が高くなっています。

 

 

看護師の年収は平均的な女性の年収よりは多い

正看護師と准看護師を比較すると年収額が約70万。約2割程度正看護師のほうが多い計算になり、ひと月に考えると5万8千円の違いとなります。
この差を大きいとみるか、少ないとみるかは様々だとは思いますが、一般的に女性が働く職種として、全ての業種を合わせた女性の平均年収が200万円台です。そう考えると准看護師と言えども他業種の倍以上の年収があり、女性の仕事のなかでも高収入でありことがわかります。

 

その分、正看護師も准看護師も、生死に関わる重要な役割を持つと同時に、変則的な勤務の職場も多く、体力と強い精神力を必要とする仕事であるため、けして高すぎる金額ではないと捉える事も出来ます。

 

年収の高さが魅力でもある看護師ですが、過酷な仕事内容の中でも、瀕死の患者さんが元気に退院していったり、新しい生命の誕生に立ち会う事が出来たり、日々何かしらのドラマがあるのが看護師の仕事です。
そのような経験は他の業種では味わうことのできないプライスレスな部分も看護師ならではの魅力と言えるでしょう。

ナース転職サイトおススメTOP3!

ナースではたらこ

ナースではたらこ

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

90,000件以上

-

全国

ディップ株式会社

5つ星


公式サイトへ


ナースフル

ナースフル


求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

非公開

なし

全国

(株)リクルートトDC

5つ星


公式サイトへ


ナースエクスプレス

ナースエクスプレス


求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

非公開

なし

全国

(株)メディカルリソース

5つ星


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る