ママさんナースの転職活動

女性で看護師の仕事をされていた方の中には結婚・出産で仕事をいったん辞められた方も多いです。子供が小さいけど看護師の仕事をしたいと考えているお母さん、看護師として再びお仕事をされるのであれば、まず院内保育があるかどうか、育児短時間勤務制度があるかどうか是非チェックしてみてください。あった場合でもただ制度としてあるだけで実際には利用されていない施設が多いのが現状です。インターネットのナース転職サイトを調べると、この制度が実際に利用できるのかどうかがわかりますので、担当者に聞いて調べてもらうのがいいです。施設が子育てについてどのくらい理解してくれるかということも事前に把握しておいた方がいいです。また院内保育所に関しては前もって見学しておくべきですね。

ママさんナースの転職活動を支援する法律

少子化、高齢化が進む日本では女性が仕事をしながら育児ができるようにとの法の整備が進められています。出産前の6週間、出産後の8週間ほどの休暇は法律で認められています。給料は頂けませんが、健康保険より給料の6割の支払いが行われるようになっています。産後の育児休暇も子供が1歳に到達するまでは取ることができます。でも施設によってはそんな余裕もなく、育児休暇の制度を無視しているところがあるのが現状です。規模の大きな病院ですときちんと育児休暇を取れるところが多いですが、そうでないところも実際にはあります。中には施設独自の子育て制度や、子供が1歳未満の時には夜勤はないといった体制をとっているところもあります。しかし、規模の小さい施設ですと、休暇もあまり取れないまま復帰せざるを得ないような例もあるのです。あらかじめきちんとした情報を得てから転職すれば、休暇の条件が合わずすぐに辞めるようなことにはならいのでしょう。きちんと条件を把握して決して我慢して働くことがないようにしたいものです。

ナース転職サイトおススメTOP3!

ナースではたらこ

ナースではたらこ

求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

90,000件以上

-

全国

ディップ株式会社

5つ星


公式サイトへ


ナースフル

ナースフル


求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

非公開

なし

全国

(株)リクルートトDC

5つ星


公式サイトへ


ナースエクスプレス

ナースエクスプレス


求人数 支援金 サポート地域 運営会社 口コミ評価

非公開

なし

全国

(株)メディカルリソース

5つ星


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る