ナースにはあまりない年齢制限

ナース転職

年代が上がれば上がるほど、再就職や転職は等比級数的に難しくなっていきます。
しかし、看護師業界ではその傾向が少し違っていて、ナースの求人の多くで設けられている年齢制限は「60歳以下」となっています。
つまり、年齢層が高いナースでも転職がしやすい、ということなのです。
これの大きな理由の一つとしては、慢性的な人材不足が挙げられます。
ナースは激務が多く、勤務が変則的で体が持たない、というイメージが強いため、人材が増加しにくいためです。
しかしこれだけではなく、ナースの仕事は経験が何よりも重要視されます。
そのため、可能ならベテランのナースを雇用することで効率化を図りたい、という意図も少なからず存在するのです。

 

年齢プラスキャリアが重視されるナースの仕事

規模の大きい病院では、新卒者を数多く採用します。
しかしこの業界は特に研修に時間がかかり、現場業務を問題なくこなせるようになるまでには、最低でも一年はかかるといわれているのです。
そのため、新人を育成するのに手間がかかる、という事実があります。
更に、そうして人材を育てていっても、女性の多い看護師業界では結婚や妊娠、育児などの関係で現場を離れなくてはならなくなる人が少なくありません。人材が居つきにくい職場でもあるのです。

 

新人育成にはそれだけのリスクが付きまといますが、その点、初めからベテランのナースを採用しておけば、豊富な経験を持つ人材を即戦力として業務に携わらせることが可能になります。
ローリスクでハイリターンなわけです。
この点では、他の業種とナースは一線を画していると言えます。

 

様々な種類の求人があるナース

ナース転職

また、他の業種との違いとして、「多種多様な仕事から自分の希望条件に合った仕事を選択できる」という点があります。
大病院だと希望の科と違うところに配属されることがありますが、それでも他の業種に比べて希望が通りやすいと言えます。
また、大病院では体力のある若い人が必要になる場合が多いので、採用されやすいという面があります。
そこから結婚や出産、育児などでいったん現場を離れても、福利厚生がしっかりしているところの病院であれば、長く勤務をすることも可能です。
更に、「大病院での実務経験」はナースとして大きな武器となり、さまざまな医療関係機関から必要とされるようになります。
「以前は大病院で働いていたけれど、年齢的に激務はもう厳しい」という人も、その転職の口は多いということになりますね。

 

そういった人にお勧めの職場なのが、個人病院や福祉施設です。
大病院のような激務にはなりにくく、生死を毎日扱うような、重いプレッシャーもほとんどありません。
更に、こういった個人病院や福祉施設だと、スタッフの少なさから、そのスタッフ一人一人の質が必要になってきます。
つまり、ベテランが採用されやすい、ということなのです。
過去に得た経験や実績が後になっても有効なのが、ナースという業種の大きな特徴なのです。

 

では年代別のナース転職状況を見てみましょう。

ナース転職年代別状況

20代で看護師の転職活動を始める場合、採用する病院にとって魅力的な点は、まだ若いということです。20代の看護師は独身が多いため、夜勤などにも入ってもらいやすく、雇用する側にとっては魅力的なポイントです。30代以降の既婚者の看護師には、どうしても家庭や育児の面を配慮した勤務体制にしなければいけないので、20代独身の看護師のほうが雇用しやすいのです。また若く体力があるということも、どんどんアピールして...
看護師として働き30代を迎えると、ちょうど結婚や妊娠、出産、育児という人生の節目を迎えるころだと思います。家庭や育児と仕事を両立させるためには、20代の頃のような働き方や勤務体制では無理が生じてくるかもしれません。また、近年増加している男性看護師の場合は、一家の大黒柱としてお給料をアップさせる必要性が出てくるでしょう。このような理由で、30代の看護師は、勤務体制や収入面に関して現在働いている職場に...
40代の方が看護師として転職を考える場合、看護師をいったん離職してのち、復職をしようとするケースがほとんどでしょう。結婚によって家庭に入り、出産、そして育児へと専念するために、職場を離れる看護師さんは多いものです。そして子供が大きくなって育児も一段落。年齢は40代となったけれども、もう一度あの職場に戻りたい、と願う方もまた多いものです。とはいえ日進月歩の医療業界。日々刻々と変化を続ける医療の現場で...
転職業界では、年齢が高くなればなるほど、転職しにくくなるのが一般的です。50代の看護師さんも例に漏れず、転職先を探すことが難しいかもしれません。50代という年齢からして、求人が少ないだろうことは容易に予想されます。病院の側に立ってみれば、確かに今後の職業人生ができるだけ長い新人さんの方が、現場の将来を考えても歓迎したい、と考えてしまうのも無理はありません。しかし一方で、経験充分なベテラン看護師さん...

このページの先頭へ戻る